• トップページ
  • コンセプト
  • 医院紹介

歯を守りたい【予防歯科】

大事な歯を守るために

「歯みがきが不十分……」「甘い物を摂る回数が多い……」このような生活習慣は、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまうのをご存じですか? 普段の生活習慣をすぐに変えるのは難しいことですが、大事な歯を守るため。歯科医師と相談しながら無理のないペースで改善していきましょう。

予防は担当衛生士制の当院にお任せ

当院では、一人の患者様に一人の歯科衛生士がつく、担当衛生士制を採用しています。専任の衛生士が患者様のお口の状態を一貫して把握しますので、わずかな変化も見逃しません。

毎日、どんなに丁寧に歯みがきをしているつもりでも、すべての汚れをすっかり落とすことはなかなかできません。お口の健康を守るために、歯科衛生士による定期的なクリーニングを受けましょう。口腔ケアは、予防のプロフェッショナルである当院の歯科衛生士にお任せください。

当院の予防処置について

PMTC

専門の器具とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯のクリーニングです。普段の歯みがきでは落としにくい歯と歯の間、歯と歯ぐきの間の歯垢や歯石を徹底的に除去。仕上げに歯をツルツルにみがき、汚れを再付着しにくくすることにより、虫歯や歯周病を防ぎます。口臭の予防にも役立ち、歯の軽い色素沈着も除去できるので、自然な歯の白さを取り戻すことができます。

TBI(歯みがき指導)

歯みがきの仕方は、患者様の口腔内状況によって一人ひとり異なります。当院では、歯科衛生士が患者様一人ひとりのお口の状態に合った、適切な歯みがき方法をアドバイスします。毎日の歯みがきは虫歯や歯周病予防に欠かせません。正しい方法を身につけ、健康なお口を保ちましょう。

咬み合わせチェック

咬み合わせが乱れていると、歯みがきがしづらく虫歯や歯周病になりやすいだけでなく、全身の健康にも悪影響となることがあります。お口の中の状態(歯並び、歯の摩耗、顎の位置など)をふまえ、咬み合せのチェックを行います。問題がある場合は、必要に応じて詰め物・被せ物を調整するほか、矯正治療を検討するなどして、咬み合せの改善を図ります。

フッ素塗布

フッ素には歯質を強化する効果があり、歯の表面に塗布することにより歯の「再石灰化」を促します。また、細菌の繁殖を抑える働きもあり、虫歯になりにくいお口の環境を維持できるため、定期的な塗布がお勧めです。

食育について

「食」は生きていくための基本です。「食育」とは、健全な食生活を実践できる知識と判断力を身につけた人間を育てること。毎日欠かすことができない食事ですので、ただ空腹を満たすために食べるのではなく、健康につながるように、新鮮で安全な食材を調理することによって美味しく栄養を摂りたいものです。

歯の健康を守るためにも大切な食育。栄養不足が続くと、歯の栄養も不足してしまいます。歯は、食事を美味しく摂り続けるために欠かせないもの。歯の健康を永く守るためにも、毎日の食事のあり方を考えましょう。

虫歯じゃないのに歯が痛い……「トゥース・コンタクティング・ハビット」について

「虫歯じゃないのに歯が痛い……」その原因はTCH(トゥース・コンタクティング・ハビット)かもしれません。TCHとは、食事以外のときでも上下の歯を咬み合せて、長時間接触させている状態のことです。

「咬みしめ」や「食いしばり」のような強い力でなくても、上下の歯が接触する程度の力によって筋肉が緊張して血管が収縮、それによって血液量が低下してしまいます。長時間続くと筋肉が疲労し、歯や顎の痛み、さらに歯周病の悪化や肩こりにまでつながることもあるのです。

TCHは、テレビを見ているときやパソコンをしているときなどに起こりやすいといわれています。そのため改善法としては、たとえば「歯を離す」と書いた付箋をテレビやパソコンの前に貼り、気がついたときに意識して、歯を離すクセをつけることなどが挙げられます。

お口の健康のためには、定期検診が大切ですご予約はコチラ 045-250-1180